臼杵市にあるすみれ保育園 その3

大分県のリトミックの教育はくまちゃんのにこにこクラブ

0979-24-8321

〒871-0029 大分県中津市下宮永111-21

臼杵市にあるすみれ保育園 その3

くまちゃんのにこにこクラブブログ

2018/11/09 臼杵市にあるすみれ保育園 その3

まだまだ続きます。

 

楽しく静かに眠って待ちながら、ピアノの音で起き上がり、2階建てバスです。

 

途中でバスが壊れてしまったので、スイングでユーラン修理をします。

スイングが上手に出来るようにひと声かけますが、私は、

 

「みんな、お友だちの目をよく見て、優しいいいお顔でユーランしてね!」

と言いました。

 

 

これがまさしく、「れい子先生の魔法の言葉かけ」なのです。

お友達とユーランするのが楽しくて、ついつい相手を振り回すくらい揺れてしまいそうになります。

「アッ!フラットフープがおれてしまいそう!」とヒヤッとしたのですが、「みんな、優しい気持ちで」を加えて言葉かけをしたら

私が求めているスイングになりました。

子どもたちは、楽しくってこうしたいとエスカレートしそうな気持をぐっと我慢できた(=自己コントロール力

わけですね!

自己コントロール力は、社会性へとつながっていきます。

 

そして、栗山について栗拾いです。ピアノの音を聴いてドンドン栗拾いをします。栗を食べたら魔法がかかってみんなが栗の木になり、強い風が吹いて栗の木がボキッ!と少しずつ折れていきます。

「おやおや?この折れていく写真がないなあ」こどもたちは、先生が言った身体の色んな箇所が少しずつ折れていくのですが、とても素晴らしい楽しい自己表現活動ができていました。

担任の先生に、写真を撮っていただいていたのですが、このシーンは写真がない残念!

「アッ、そうか。この時先生も一緒に楽しそうに木になって、折れていってました(#^.^#)」

先生の「楽しそう、わあ楽しい!」という姿勢が、毎日の保育の中で子どもたちを引っ張ていくのでしょうね!

 

 

 

くまちゃんのにこにこクラブ

TOP